商品サービス《機器関連》

ガソリン・軽油・灯油・重油

ガソリンイメージ

いずれも石油系燃料で“原油”というモノを精製して作られています。原油とは、ガスや個体のワックス分などを含む混合物なので、それらを分離するために蒸留装置で加熱して蒸発させ、ある温度範囲の蒸気を回収することによってガソリンや軽油などが精製されます。

■ガソリンとは?

車を動かすための燃料としてガソリンは石油製品の中で最も広くその名が知られています。 複数の石油成分をブレンドし、添加剤を加えて作るため、石油製品の中では最も複雑な製品ともいわれています。

■軽油とは?

軽油は主にディーゼルエンジンの燃料として用いられています。軽油は高温高圧での優れた特性(高圧力をかけての燃焼が可能なため燃焼効率、燃費ともに向上するなど)に対し、低温に弱く、ある温度以下になると凍ってしまいます。そのため季節ごとに販売される軽油の成分は微妙に替えられています。冬は凍りにくく、夏は熱くなりすぎない、それぞれの季節にぴったりの軽油が販売されています。

■灯油とは?

灯油は家庭内の暖房機器用燃料として知られています。灯油は揮発するのがゆっくりで爆発の危険性も少ない燃料ですので、幅広く使用されています。ポリ容器で長期間保管(昨シーズンより持ち越し)したり、日光の当たる場所や高温で長期間保管したものは変質灯油と呼ばれ燃焼機器の劣化や異臭が発生したり、点火しずらくなりますので注意が必要です。

■重油とは?

重油とは、原油からガソリンや灯油などを取り出した油のことです。重油は、「どろどろしている」等、燃料に適さない性質を持っていますが、船舶燃料や火力発電所の主要燃料、ボイラーの湯沸し用燃料等に使用されています。



株式会社佐藤エネルギー佐藤エネルギー本社tel0138-51-6171