商品サービス《機器関連》

LPG

LPGイメージ

LPGとは液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)のことで、原油採掘や石油精製時に発生するガスの主成分であるプロパンやブタンを液化したエネルギーです。
その高カロリー、可搬性、低公害性など、より自然環境を大切にしたエネルギーが望まれる昨今、時代に適合するクリーンエネルギーとして活躍の場を広げています。
特に家庭用で使用しているLPガスのほとんどがプロパンであるため、通称としてプロパンガスと呼ばれ、空気より重く、都市ガス(6B:北海道ガスなど)の総発熱量(5,000kcal/Nm3)より高い総発熱量(プロパンガス:23,680kcal/Nm3)です。

■LPガスの利用分野

LPガスは、経済的で安全な、低公害なクリーンエネルギーとして鉄鋼・金属溶解・塗装・食品などの産業分野や工業分野でも活躍しています。自動車分野ではタクシーやフォークリフトで使われ、特にタクシーでは、そのほとんどがLPガス車となっています。ガソリンと比較すると燃費が良く、排気ガス汚染対策にも有効なことから、環境に優しいエネルギーとしてLPガスは、さらに多くの車に採用されることでしょう。また、LPガスは災害に強いのも大きな特長です。先の阪神・淡路大震災でもLPガスは都市ガスや他のエネルギーに比べ、被害はほとんどなく、復興にもすぐに対応できました。こうしたことから、病院や官庁などではLPガスへ転換する例もあり、その活躍の場はさらに広がっています。

■バルク配送について

消費先に設置した貯槽または容器に、バルクローリから供給ホースにより直接、LPガスを充てんするものです。
※1998年(平成10年)の規制緩和で、小口消費者への供給が利用可能となりました。貯槽は地下式と地上式の2種類。容量・形状にはかなりのバリエーションがあるので、設置場所の状況に応じて最適なものを選択できます。



株式会社佐藤エネルギー佐藤エネルギー本社tel0138-51-6171