よくある質問

灯油編

昨年使用した灯油は、今年の冬も使えるのでしょうか?
品質が悪化している可能性がありますのでご使用にならないことをお勧めします
灯油は、ストーブのタンクあるいはポリ容器などで長期間保存すると(例えばシーズンを超えての保存)、灯油の酸化劣化やポリ容器に含まれる可塑剤の溶出で変質灯油となります。
また、保存方法によっては灯油容器に水がたまることがあります。
変質した灯油をご使用になるとファンヒータでの燃焼室内部でのすすの付着(不完全燃焼)、フィルターの目詰まり、芯式ストーブの場合、芯の固着などのトラブルが発生する場合があります
家庭用の灯油はシーズン中に使い切るよう計画的な買い方・使い方をお願いします。

▲ページ上部へ

灯油をこぼしたとき、どのように処理すればいいのでしょうか?
灯油を室内でこぼしたときには、急いで布などで拭き取り、窓などを開放して十分な換気を行う必要があります。また引火を防ぐため、火気を絶対に近づけないようにすることが大切です。
手に灯油がついた場合には、中性の石鹸でよく手を洗ってください。

▲ページ上部へ

灯油の保管はどうすればいいのでしょうか?
灯油は日光(紫外線)・熱・空気(酸素)を嫌います。日光・熱・酸素が十分ある環境ですと、灯油が酸化劣化し、ガム状物質を作る場合があります。この場合、燃料不良等を起こす場合があります。
保管に関しては、冷暗所に置き、容器は密閉してください。
特にポリ容器をご使用の場合は、光にあたらない場所、容器は光を通過させないものが良いです。
また、灯油は極力、シーズン中に使いきるようにしてください。
ホームタンクの場合は、水が溜まらないように注意が必要です。こまめな水抜きを実施してください。

▲ページ上部へ

ホームタンクの中に水が混入していたら
ホームタンク内の結露等により水が発生します。
こまめな水抜きが必要ですが、水が発生した場合、冬期間の凍結の恐れがありますので、水抜きまたはタンク洗浄の必要です。当社にご連絡ください。

▲ページ上部へ