省エネ講座

家庭の省エネ

エアコン【エアコン】室内温度は適温に!
温めすぎ、冷えすぎにならないよう、こまめに温度調節を。
冷房時は1℃高め、暖房時は2℃低めにすると、約10%の電気代が調節できます。また、冷房時は室内外の温度差は約5〜6℃以内が最適です。

押さえておきたい上手な使い方

カーテンイラスト窓にはカーテン・ブラインドを

窓からの熱の出入りを防ぐため、カーテン・ブライドを活用しましょう。
冬の日中には日光を入れ、夜間は、カーテン・ブラインドで室内の熱の漏れを防ぎましょう。特に夏場は直射日光を防ぐと約5%の省エネ効果があります。

扇風機イラスト扇風機を上手に活用

扇風機を使って冷気・暖気が部屋の中で循環するようにします。
扇風機の風が冷気を早く部屋中にゆきわたらせるので涼しく感じます。

節約の工夫

●フィルターはこまめにお掃除

エアーフィルターにほこりなどがつまると、空気の流れが悪くなり、冷暖房効率が落ち、電気代も約5%〜10%のムダになります。2週間に1回はぜひお掃除を。

●風向調整を上手に

温かい空気は上に昇り、冷たい空気は下に沈みます。そこで上下風向ルーバーは”暖房時は下向き””冷房時は水平”にするのが効果的です。

●室外機は風通しの良い所に設置

室外機の吹き出し口に物を置いてふさぐと、冷暖房の効率が下がり、電気代もムダになります。また、冷房時は日よけ等で直射日光を避けてください。

●タイマーを上手に活用

エアコンの消し忘れは、電気代のムダです。
おやすみ時やおでかけの時、タイマーを活用して必要な時間だけ運転しましょう。電気のムダが省けます。

なるほど!豆知識

使わないシーズンはプラグをコンセントから抜いておく

コンセントイラストリモコンのスイッチを切っても、エアコン本体はわずかに電力を使っています。これはスイッチを入れたときに、すぐに動けるようエアコンが待機しているからです。これを『待機時消費電力』といいます。
春・秋など長くエアコンを使わないときは、プラグをコンセントから抜いておくと電気の節約ができます。

オフシーズンにコンセントを抜くと120円の節約

待機時消費電力1日62Wh×オフシーズン(84日)=5.2kWh×23円≒120円

■省エネ効果■

冷房時
 外気温度35℃、設定温度を27℃から28℃にした場合(1日9時間使用)
 1年間で16.33kWhの省エネ → 380円の節約

暖房時
 外気温度7℃、設定温度を21℃から20℃にした場合(1日9時間使用)
 1年間で71.27kWhの省エネ → 1,640円の節約

(出典:省エネルギーセンター「新ライフスタイルチェック25」より)